技術提案事例

タップ加工の下穴深さ確保によるコストダウンのポイント

図面指示・設計変更によるVA・VEのポイント

ビフォー
タップ加工の下穴深さ確保によるコストダウンのポイント B

機械部品でボルト穴を加工する際には、タップ加工を行ないます。タップ加工は多少喰い付きがあるため、有効深さ以上に深く加工する必要があります。図面の指示でこのように下穴深さが浅い場合は、工具に成形を施す必要が生じてしまいコストアップとなります。


アフター
タップ加工の下穴深さ確保によるコストダウンのポイント A

タップ加工で喰い付きが起こることを考慮して、上図のように下穴深さを大きめに確保することができれば、工具を成形に施す必要が無くなり工数を削減することができます。したがって、機構上問題が無ければ、有効深さに対して下穴に余裕を持たせることによって、コストダウンを図ることができるということです。

タップ加工は、機械部品にねじ切りを入れる加工で多少喰い付きが生じるため、有効深さよりも若干下穴にゆとりを持たせる必要が生じます。十分な下穴が確保できない設計で部品の加工を行なう場合、加工現場では工具の成形といった一手間が加わりコストアップとなるためです。そこで、設計者は上記の事情を加味してねじ切り部位の下穴を検討することが求められます。

このページのトップへ戻る