技術提案事例

チャック爪の細工による工程削減のポイント

加工ノウハウによる VA・VEのポイント

ビフォー
チャック爪の細工による工程削減のポイント B

フランジ部をチャックして加工を行なう部品で、そのフランジ部に穴などの加工指示がある場合、工具が爪に干渉してしまうため加工することができません。そのため、材料をチャックし直して、2工程に渡って加工する必要がありました。


アフター
チャック爪の細工による工程削減のポイント A

上の写真のように、チャック爪部に細工を加える事により、トンボをしなくても済むように工夫できます。その結果、2工程を1工程に集約することが可能となり、機械のサイクルタイムが長くなり、生産性の工場に繋がります。

機械加工では、チャッキングの方法を工夫することにより、工程を削減することができる場合があります。そのため、量産品の設備部品を生産する場合などは、これを利用して効率的な加工を行なうかがコストダウンに深く関わってきます。設計者は、当事例のようにチャッキングを工夫する効率的な加工方法があることを知っておくと良いでしょう。

このページのトップへ戻る