技術提案事例

バリ取り箇所を省くことによる工数削減のポイント

図面指示・設計変更によるVA・VEのポイント

ビフォー
バリ取り箇所を省くことによる工数削減のポイント B

上図は、バリ取りが難しい部品形状の事例を表しています。この製品では穴がボスにかかるように開いており、その周りのバリ取りを機械加工でするのは難しく、手作業でバリ取りをしなくてはいけません。このため、工数が増加してコストアップの要因となっています。


アフター
バリ取り箇所を省くことによる工数削減のポイント A

設計上許されるのであれば、上図の通り袋穴状に設計変更することで、手作業でのバリ取りをしなくても済むようになります。これにより、工数削減によるコストダウンを図ることができます。さらにこの図面の設計変更により、加工ミスが起こりにくくなり、歩留まり向上にも貢献します。

当事例Beforeの様な形状の場合は、機械加工でのバリ取りが困難な事情があります。細かなことですが、加工事情を踏まえた形状設計を行なうことで、VA・VE設計を実現することができます。その点で、機械部品の設計者にとって、加工の事情を把握することは強力なノウハウとなります。

このページのトップへ戻る