技術提案事例

リーマ加工によるコストダウンのポイント

図面指示・設計変更によるVA・VEのポイント

ビフォー
リーマ加工によるコストダウンのポイント B

上図は底面が止まり穴になっている形状を表しています。このような形状の穴を加工するためには、エンドミルでの円弧切削加工が必要となります。エンドミルでの円弧切削加工では、何度も寸法を確認しながら寸法を合わせることになりますが、寸法が変化しやすいもので工数がかかります。


アフター
リーマ加工によるコストダウンのポイント A

設計上問題が支障が無いのであれば、上図のように穴の形をキリ先状に変更することで、リーマを用いて加工ができます。キリ先部でリーマの喰い付きを逃がすことができるためです。リーマで加工することで、エンドミルによる切削加工よりも、加工時間の短縮および寸法精度の安定化させることができます。したがって、時短効果と歩留まり改善によるコストダウンとなります。

リーマは、ドリルであけた穴を拡張しながら、精度良く、かつ表面粗さの良好な仕上げ面に加工するために使用される切削工具です。エンドミルでの加工に対して、リーマ加工は加工時間の短縮と穴径・真円度・円筒度の精度向上を図ることができます。したがって、設計上支障が無いのであれば、当事例のように穴を形状変更し、リーマでの加工を想定することで、比較的簡単に加工時間短縮と品位向上によるVA・VEを実現することができます。

このページのトップへ戻る