技術提案事例

ロストワックスによる一体構造化のポイント

加工方法変更による VA・VEのポイント

ビフォー
ロストワックスによる一体構造化のポイント B

上図は、板状の部品にピンを差し込んで完成させる部品を表しています。この部品の製作では、ピンと板に穴をあけたものを別々に切削加工し、手作業で圧入をしてピンを差し込んでいました。ピンと穴の嵌め合い精度が求められる上に、手作業による組み立て作業が必要になるため、工数がかかる設計です。


アフター
ロストワックスによる一体構造化のポイント A

コストダウン提案として、ロストワックスを使用する方法があります。精密鋳造ができるロストワックス法でピンと板を一体化させたものを成形し、それを切削加工をすることで部品を製作します。ピンと板に穴がある部品を別々に切削加工し、組み付ける方法と比較して、工程削減および手作業を減らすことができるためコストダウンとなります。特に数百個から数千個程度の数量の部品で採用すると効果的です。

組み付け部品のコストダウン提案の一つとして、複数の部品をロストワックスによる一体構造化と切削加工を組み合わせる手法があります。ロストワックスは砂型鋳造と比較して精密であることや鋳巣が発生しにくい特徴があります。設計者は、ロストワックスによるコストダウン手法があることを知っておくことで、機械部品のVA・VE設計の検討の幅を広げることができます。

このページのトップへ戻る