技術提案事例

位置決め治具による加工機変更のポイント

加工方法変更による VA・VEのポイント

ビフォー
位置決め治具による加工機変更のポイント B

上図は、フランジ部が8角形になっており、本体部分の横に長穴、端面方向の内径奥にピン穴加工をしなければならい部品の加工です。この場合、マシニングで機械加工を行うと2工程かかってしまうため、コスト高の部品となります。


アフター
位置決め治具による加工機変更のポイント A

上の写真のように、位置決め用の治具を作成することにより、複合機で加工する事ができます。マシニングでは2工程行っていましたが、1工程で加工できるようになりますので、加工工程の削減により、コストダウンとなります。

機械加工では、治具を使用することで工程を削減することができる場合があります。そのため、量産品の設備部品を生産する場合などは、治具を使用していかに効率的な加工を行なうかが重要になってきます。設計者は、当事例のように治具を使った効率的な加工方法があることを理解し、加工業者に相談しながら、機械部品を設計することでVA・VEを図ることができます。

このページのトップへ戻る