技術提案事例

切り欠き加工時のVE提案

図面指示の詳細化により加工コストを削減

ビフォー
01

今回は切り欠き加工を含む図面でのVEをご提案いたします。エンドミルによって切り欠き加工を行うと図のように内径に歪みが生じます。内径に公差を指示している場合、切り欠き加工後に図示された公差を出さねばならないため、加工コストは増大します。


アフター
02

上記のように「切り欠き加工前の寸法に公差を適用する」ことが可能であれば、加工コストを大幅に抑えることができます。  

021

このページのトップへ戻る