技術提案事例

加工治具によるマシニングの薄板加工のポイント

加工ノウハウによる VA・VEのポイント

ビフォー
加工治具によるマシニングの薄板加工のポイント B

マシニング加工のワークの固定は、一般的にバイスが使用されます。しかしながら、例えば、上図のような薄板を固定する場合には、そのままバイスで挟んで固定すると中央が反ることがあり、精密な加工を行なうには、歩留まりが悪化する懸念があります。


アフター
加工治具によるマシニングの薄板加工のポイント A

マシニング加工で薄板を加工するには、上から加工物を押える治具を使用することで反りを軽減することができます。反りを抑えることで、安定して精密な加工を行なうことができ歩留まり改善によるコストダウンに貢献します。

薄板のマシニング加工では、通常のバイスによる固定方法では反りや歪みを抑えららないことが多々あります。その場合には、固定治具を使用した最適な固定方法を検討する必要があります。当事例にある通り、薄板の固定では、上から押さえ込むことができる治具が必要です。設計者は、加工現場のこうしたノウハウを知っておくことも歩留まり改善のVA検討で有効です。

このページのトップへ戻る