技術提案事例

加工治具による多数個取りのポイント

加工方法変更による VA・VEのポイント

ビフォー
加工治具による多数個取りのポイント B

マシニングセンタでは、通常、上図のようにワークを1個ずつバイスでクランプして加工を行ないます。ただし、量産部品を製造する場合には、ワークの脱着回数を減らすことと、サイクルタイムを伸ばす工夫が必要となります。


アフター
加工治具による多数個取りのポイント A

量産品の機械部品を製造する場合には、治具を製作して多数個取りによる加工を行なうことで、サイクルタイムを伸ばすことができます。上図では、6個取りの治具を製作し、一度に加工することで脱着の回数も減り生産効率が向上しました。

機械部品の量産品の製造現場では、治具を使用した多数個取りによる生産性向上を図っています。当事例では、マシニングセンタの多数個取りのポイントということで、治具の活用により生産性を大幅に向上させることが可能です。設計者は、量産品の形状を検討する場合、治具の活用が可能な形状について、加工現場との相談の上で開発を進めることが重要となります。

このページのトップへ戻る