技術提案事例

工数削減により部品のコストダウンを実現!旋盤複合機の効果的な使い方を提案!

旋盤複合機を活用したコストダウン事例をご紹介します。

ビフォー
HP更新用①

一般的に「丸物は旋盤、四角物はマシニング」と言います。上のイラストのように、従来の6面加工の場合、マシニングのみを使用すると6工程を必要とします。弊社では、これを旋盤複合機で加工します。


アフター
HP更新用2

四角に成形した特製の爪でチャッキングすることで、6工程を2工程に減らすことができます。工程数の削減と材料切削量の削減による部品の大幅なコストダウンの実現です!また、チャッキング回数を減らすことで加工精度を向上させることにも繋がります。平面度・平行度は0.01mm単位、面相度も▽▽▽レベルでの加工が可能です。

このページのトップへ戻る