技術提案事例

穴形状の指示によるコストダウンのポイント

図面指示・設計変更によるVA・VEのポイント

ビフォー
穴形状の指示によるコストダウンのポイント B

上図は穴の形状を断面を表しています。底面がフラットな穴をあける加工です。この形状の穴を加工するためには、ドリルで穴をあけ、その後エンドミルで底を平面に仕上げる必要があります。したがって、エンドミルへの工具変更と加工時間分の工数が増加してコストアップとなります。


アフター
穴形状の指示によるコストダウンのポイント A

機構上問題が無ければ、穴の底面をドリルの先端形状で良い様に指示することで加工時間を短縮することができます。ドリルの先端形状で許容されるのであれば、底面をエンドミルで仕上げる必要がなく、工具の変更と加工時間を省くことができます。したがって、工数削減によるコストダウンとなります。

穴の形状は、底面をフラットにすることが一般的に思われがちです。しかしながら、穴の底を平面に仕上げる必要がある場合、実際の加工現場では、ドリルに加えてエンドミルでの仕上げが必要になるのが実情です。設計者は、加工事情を踏まえた穴の底面形状を加味することでコストダウンを図ることが可能です。

このページのトップへ戻る