技術提案事例

袋穴の底面形状変更によるコストダウンのポイント

図面指示・設計変更によるVA・VEのポイント

ビフォー
穴数の削減によるコストダウンのポイント B

上図は、バリ取りが難しい部品形状の事例を表しています。この製品では袋穴の底面に長穴があいています。しかし、長穴が袋穴のRにかかっているため機械加工でのバリ取りは難しく、手作業になってしまいます。したがって、工数が増加してコストアップの要因となります。


アフター
穴数の削減によるコストダウンのポイント A

上図のようにRを小さくし長穴にかからないように形状変更することで機械加工でのバリ取りを容易にできます。機械加工でのバリ取りを行なうことができれば、手作業でのバリ取りを減らすことができますので、加工時間の短縮および工数削減によるコストダウンを図ることができます。

機械部品の形状によって、機械加工でのバリ取りができず、手作業になるケースが多々あります。その場合、設計上問題が無い範囲内で、形状を変更することで、加工時間を短縮し機械部品のコストダウンを図ることができることがあります。設計者は、機械部品を設計する上で、加工の事情を踏まえておくことで、VA・VE設計を実現することができます。

このページのトップへ戻る